ホーム  >  調査記事   >  女性客が行列を作る治療院の作り方  > 神崎貴子×花野桃子~第2回・女性のための施術&メニューとは?~
調査記事
新規情報 コラム インタビュー 商品 動画
連載:女性客が行列を作る治療院の作り方

神崎貴子×花野桃子~第2回・女性のための施術&メニューとは?~
カテゴリ: 経営

トワテック リサーチ

もっとキレイになりたい!もっと若くなりたい! という目的で鍼灸院に通う女性が、いま増えています。そこで、女性客から求められる鍼灸院にするは何が必要か? また女性に憧れられる鍼灸師になるにはどうしたらいいか? そんな“女性のための鍼灸院”について、「さくら治療院」の院長・神崎貴子先生と「レディース鍼灸サロン momo」を営む花野桃子先生に対談していただきました。今回は女性客から支持される施術とメニューについて語らって頂きました!

 

技術やサービスで「特別行きたくなる」鍼灸院になりたい

 

 

神崎先生の「さくら治療院」では、高麗鍼を使った美容鍼のメニューが人気だそうですね。

 

神崎 はい。高麗鍼は、もともとは手に刺す用の小さくて細い鍼なんですけど、それをお顔に刺して施術しています。これだと痛みがすごく少なくて、内出血もほとんどないんですよ。

 

花野 痛くない、それはすばらしいですね!

 

神崎 それから1回5分と早く鍼が終わるので、効率もすごくいい。高麗鍼だといっぺんに3人のお客様を同時に施術できたりするので、人件費削減にもなります。また、一般的な鍼よりも技術を必要としないので、早くマスターできるというメリットも。私もそれまでは普通の鍼を使っていたんですが、考えが変わりましたね。

 

 

なるほど。料金も「美容鍼 30分7350円~」と良心的ですよね。

 

 

神崎 うちは美容界の“お好み焼き屋さん”がテーマなので(笑)。30~40代の働く女性が、忙しい合間をぬってサクッと気軽に入れる、そんなお好み焼き屋さんのような鍼灸院にしたいと思っています。フランス料理のフルコースを食べたい方は、丸の内や青山の豪華なサロンに行ってください、と(笑)。“値段は安いけど、技術や使ってるものは一流”というのにこだわっています。たくさんのお客様に来ていただければ、それだけ良い技術をお安くご提供できますしね。

 

 

花野先生はメニュー作りで工夫されていることなどありますか?

 

 

花野 「レディース鍼灸サロン momo」は奈良にあるのですが、県外からもたくさんいらしていただくことが多いんです。来るのに1時間半かかったのに施術は30分だけという方はまずいらっしゃらないので、90分~150分とロングコースばかりですね。それから、1人のお客様が来てお帰りになるまでの時間を、最低4時間は設けています。施術の前後におしゃべりをすることも多いので、次のお客様の予約がせまっていると「早く切り上げなきゃ」とそわそわしてしまうと思うんです。また、はるばる来てくださるお客様が電車遅れなどで遅れたときに「すいません、ではまた今度……」とならないためにも、時間にはかなりゆとりを持っています。

 

神崎 一日に施術するお客様が少ないとなると、お値段もそれなりに?

 

花野 はい、うちは料金はけっこう強気です(笑)。それには理由があって、奈良の鍼灸院って東京に比べて全体的にすごく安いんです。90分で9千円切るようなところもたくさん。だから値段で勝とうとするとさらに下げなきゃいけなくなるので、うちは1万2千円と逆に設定を高めにしました。そのぶん「安いから」ではなく、技術やサービスで「特別行きたくなる」鍼灸院になりたいと思っています。

 

神崎 東京と違ってライバル店が少ないと切磋琢磨する相手もいないので、それはそれで悩みもおありでしょうけど、そうやって工夫することはすばらしいですね。

 

美容鍼の施術中に写真を「撮って」という女性はすごく多い

 

宣伝のためにSNSを利用されることはありますか?

 

 
 

神崎 うちはFaceBook(以下FB)で「いいね!」を押してくれた方には、施術の際にトリートメント剤を1本プレゼントするなどのサービスをしています。少し太っ腹ですけど、お店を知っていただかないことには始まりませんので。

 

花野 私もFBは活用していますね。たとえば、うちに来たお客様で「写真撮って」という方をスマホなどで撮影してあげると、その方がご自身のFBに載せてくださって、それが宣伝になったり。

 

神崎 美容鍼などをやってる最中の写真を「撮って」という方、すごく多いですよね。これはいままでになかった宣伝の発想だな、と思います。

 

 

他の鍼灸院にお客さんとして行くことはありますか?

 

 

神崎 もちろん行きます! 名前を変えて、メガネかけて私だってバレないようにして行くんですが、入り口ですぐ「神崎先生ですよね?」ってなったり(笑)。私だとわかって相手の鍼灸師さんに変に気を使わせてしまうのも悪いし、私もいろいろ学びたい気持ちがあるんですけど……なかなか難しいですね。

 

花野 すごくよくわかります! 私はとくに名前が覚えられやすいので、鍼灸院に行くときは名字を変えてみたり(笑)。鍼灸院はどうやって選んでいらっしゃいますか?

 

神崎 自分が鍼灸師でこんなこと言うのも変なんだけど、知らない鍼灸院に行くのは何されるかわからなくて怖いんです。だから「あの先生、すごく良かったよ」っていう口コミがないと行かないですね。エステとかマッサージなどの美容サロンは口コミなしでもガンガン行けるんだけど、古~い感じの鍼灸院にトラウマがあって……。

 

花野 え、何ですか?

 

神崎 学生のときに行った鍼灸院なんですけど、待ち合い室のテーブルにペットボトルを半分に切った入れ物が置いてあって、使い終わった鍼が入ってたんです。しかも鍼がカビてて……!! 本当は鍼をやってもらう予定だったんだけど、とっさに「マッサージにします」って言って変えました(笑)。お店が不衛生なのはお客様に対して気配りできてないのと一緒だから、そういう人には繊細な治療は無理かなと思いますね。

 

花野 それは本当に怖いですね。私も鍼に電流を流されて、恐怖で固まった経験があります。

 

神崎 こういうことは鍼灸のイメージにとってすごくマイナスですよね。早く見直さないと。

 

花野 はい。いいと思ってるから提供しているんでしょうけど、結果マイナスになってしまうっていうのがすごく怖いですよね。私自身もそれまではかっさマッサージなど、かなり強めにおりゃーって感じで行っていたんですが、やり方を改めました。強くしなくてもちゃんと結果が出る方法で、心地よさを大事にしようって。

 

第3回につづく

第1回にもどる

取材・文/川端美穂

 

プロフィール

写真 神崎貴子
さくら治療院院長、プレミナマッサージルーム 院長、プレミナセラピストスクール院長。スポーツアロマの第一人者として数多くのスポーツイベントを支える。美容鍼のメソッドにも定評があり女性ファッション誌をはじめとしたメディアにも多数出演。主な著書に『スポーツアロママッサージ─よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル)等。
写真 花野桃子
レディース鍼灸サロンmomo 院長。奈良県香芝市関屋(せきや)にある女性専用レディース鍼灸サロンmomoにて、女性の美容と健康を応援。マニュアルにとらわれず、お客様の体質にあわせた治療を行います。全国でセルフケア講座や、プロのセラピスト向けの講座も行い活動中。11月11日にレディース鍼灸サロンmomo店内でセラピストのためのセルフケア講座を開催。お申込みはここをクリック!
施設写真
レディース鍼灸サロンmomo
奈良県香芝市関屋北3-5-14
TEL 080-3866-1018
診療時間:8:00~20:00(最終受付20:00)/不定休
アクセス:近鉄大阪線関屋駅から 徒歩7分
施設写真
さくら治療院
東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 グレイス代官山901
TEL 03-6416-1016
アクセス:山手線恵比寿駅より徒歩3分、日比谷線恵比寿駅出口4番より徒歩2分
このエントリーをはてなブックマークに追加