ホーム  >  調査記事   >  安産灸ネットワーク代表、戸部久子先生インタビュー  > お灸とともに、妊婦に寄り添う治療を目指して
調査記事
新規情報 コラム インタビュー 商品 動画
連載:安産灸ネットワーク代表、戸部久子先生インタビュー

お灸とともに、妊婦に寄り添う治療を目指して
カテゴリ: インタビュー

トワテック リサーチ

今、鍼灸によるマタニティケアの分野は広がりを見せている。その中で、長年にわたって妊婦鍼灸治療の可能性を探求してきたのが、安産灸ネットワークの戸部久子先生だ。「楽しい妊婦生活を続けられるよう見守ることが、妊婦鍼灸治療だと思います」と語る戸部先生。なぜ、安産灸ネットワークはできたのか? 妊婦鍼灸治療に必要な知識・技術とは? 詳しく伺いました。

 

 

「治療する側は、妊婦さんの体のことを妊婦さん以上に知らなくてはいけません」

 

 

――戸部先生が妊婦への鍼灸治療を始めたきっかけを教えてください。

 

戸部 私が鍼灸師の資格を取ったのは、自分の子どもを3人育てた後です。資格取得後、主人の治療院を手伝っていたのですが、自分が鍼灸で何をしていきたいのか、ずっと模索していました。ある時、お腹の赤ちゃんが逆子になったという妊婦さんが来院されました。その逆子への鍼灸治療が成功したことで「子どもを3人産んだわたしに、できることはこれだ!」と感じ、妊婦鍼灸治療にのめりこんでいったんです。

まず考えたのは、「妊婦鍼灸治療を行うなら、妊婦さんのことや妊娠・出産のことをきちんと知らなくてはいけない」ということ。なぜなら、自分の出産した頃とは時代が変わっていて、現代の妊娠・出産事情を全く知らなかったからです。妊婦さんに処方されるお腹の張り止め薬すら、「なにそれ?」という状況で()。これではマズいと、そこから2年間無我夢中で勉強しました。日本助産師会が開いている勉強会にできるだけ参加したり、知り合いの助産師さんに妊娠から産褥までの生理学を教えてもらったり、とにかくひたすら知識を得ることに必死でした。

 

――そういった必死の勉強を経て、現在の安産灸ネットワークを立ち上げられたんですね。

 

戸部 妊婦さんについて勉強していくなかで、同じように妊婦鍼灸治療を勉強する鍼灸師の仲間たちに出会いました。その仲間たちが、助産師学校の講師の方にコネクションをつくり、妊娠・出産に関する講義を開いてもらえるようにすると、参加する人はだんだんと増えていきました。しかし一方で、1日だけ勉強に来てあとは離れていくような人もでてきます。鍼灸師が、妊娠・出産を体系だてて学べるような形をつくる必要がありました。そこで、今まで学んできた知識を総動員して「鍼灸師が妊婦を治療するのに必要な知識を学ぶ」ためのカリキュラムを作りあげたんです。そのカリキュラムを通して、妊婦鍼灸治療を学びたいという熱意を持った人たちが徐々に集まり、安産灸ネットワークができあがりました。

 

――安産灸ネットワークの先生たちが行う「妊婦鍼灸治療」とは、どういったものなのでしょうか?

 

戸部 私たちの役割は、妊婦さんが元気な赤ちゃんを抱けるよう、妊娠中のつわりや腰痛といったマイナートラブルを軽減して、良い妊娠が途切れないよう、そばでお手伝いすることだと考えています。お灸を使った養生が自宅で出来るよう、サポートする。もしお灸だけでは足りないところがあれば、鍼灸師としてお手伝いをする。出産を怖がっている方には「ここまで頑張ってきたんや、大丈夫」「頑張ろう、ええお産しよう」と、不安を和らげてあげる。いずれにしても、こちらから「さあ! 施術していきますよ!」というものではなく、楽しい妊婦生活を続けられるよう見守ることが妊婦鍼灸治療だと思います。

 

――具体的に、どんなことをされていますか?

 

戸部 安産灸ネットワークの基本は、三陰交にすえる安産灸の普及です。来院された妊婦さんに安産灸を説明し、三陰交を取穴して、その人に適した量のお灸を処方します。初めてお灸をされるかたには、治療院でお灸のやり方を練習してもらいます。安産灸は、自宅で妊婦さん自身が行う養生灸のため、ここでコツを掴んでおく必要があるんです。

三陰交は人それぞれ、またその日の体調によっても位置が変わる経穴ですから、時間が経つと場所が分からなくなったりもします。そんな場合のために、一ヵ月ごとの検診後に来院してもらうようにしています。検診で出た経過と体調を診て、状態に合わせた経穴を選び、一緒に三陰交も取穴しなおします。

その他にも、「夏でも、冷房なんかで体を冷やさないように」などといった生活指導や、妊娠による体の変化を解説して受け入れる準備をしてもらうことも、私たちの仕事です。全部、妊婦さんに寄り添った治療の一環なんです。

 

――寄り添う妊婦鍼灸治療を行うために、どんな知識や技術が必要になってくるのでしょうか?

 

戸部 妊婦さんとお腹の赤ちゃんのことを第一に考えて行動するためには、妊婦の生理学・解剖学を学ぶことが重要です。例えば、妊婦さんが腰痛を訴えて来院されたとします。そこで「では、腰痛に対する施術をしましょう!」と即治療に入るのではなく、まずその腰痛がどこからきているのかを診ます。妊娠由来のものなのか、妊娠する前から腰痛持ちの人だったのか、何か別の病気からくる腰の痛みではないのか。原因を正確につかむために必要なのが、生理学や解剖学の知識です。「なぜ妊婦は腰痛がおきるのか」「どのくらいの時期に痛むようになるのか」といったことをちゃんと理解していれば、そこから対処法を導き出すことができます。妊婦鍼灸治療をする側は、妊婦さんの体のことを妊婦さんよりも知らなくちゃいけない。でもこれは、どの分野の鍼灸でも言えることです。プロのアスリートに帯同するような鍼灸師の方は、スポーツ科学をものすごく勉強されています。トップアスリートの体を、隅々まで知り尽くしている必要があるからです。普通の鍼灸師だって、肩こりや腰痛の勉強をやりこむでしょう? それと同じことなんです。

 

――病院や助産院と連携する上でも、知識があることは重要になってきますよね。

 

戸部 そうです。こちらに知識がしっかりと備わっていれば、産科の先生も安心して妊婦さんを任せてくださいます。病院との信頼関係を築くことになります。妊婦さんの症状に重篤な点が少しでも見られたら、すぐに医療機関で診てもらわなくてはいけません。信頼関係のある病院との連携は、妊婦鍼灸治療を行う上で必須のものです。また現在、病院や助産院の行う治療の幅と、東洋医学の治療の幅が徐々に近づいていると感じます。多くの産科の医療関係者の目が東洋医学に向いてきています。実際、「東洋医学を教えて」という助産師さんたちの要望をうけて、私も講習会を開いたりしてきました。お互いの理解が深まっていけば、この産科の分野はもっと伸びていくと思います。

 

――お話を聞いているだけでも妊婦鍼灸治療は大変なものだと感じますが、戸部先生は今後この分野がどのように発展して欲しいと思いますか?

 

戸部 私の希望は、各市町村にマタニティ専門の鍼灸師がいてほしいです。お産のメカニズムと生理学をきちんと知っていて、病院との連携もとれた鍼灸師が各市町村に一人いれば、たくさんの妊婦さんの助けになると思います。今現在、安産灸ネットワークの研修を受けた鍼灸師は第6期生までになりました。今後、この研修をうけた彼女たちの技術が底上げされていって、さらに多くの鍼灸師を指導できるようにしていきたいと考えています。妊婦さんの体のことをきちんと理解している鍼灸師を増やしていくことが、安産灸ネットワークの役目だと思います。

 

プロフィール

写真 戸部久子
はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師。西新井治療センター副院長。安産灸ネットワーク代表。鍼灸師の資格取得後、一人の妊婦への治療をきっかけに、妊婦鍼灸治療の探求を始める。「ひとりでも多く妊婦に安産灸を知ってもらいたい。妊婦治療に興味のある鍼灸師に、妊娠・出産に関する正しい知識を持ってほしい」との思いから、安産灸ネットワークを立ち上げる。現在は、安産灸の啓蒙・治療院での妊婦ケアのかたわら、鍼灸師への妊婦鍼灸治療の指導を行う。
このエントリーをはてなブックマークに追加