ホーム  >  調査記事   >  女性客が行列を作る治療院の作り方  > 神崎貴子×花野桃子~第1回・女性のための鍼灸師・鍼灸院とは?~
調査記事
新規情報 コラム インタビュー 商品 動画
連載:女性客が行列を作る治療院の作り方

神崎貴子×花野桃子~第1回・女性のための鍼灸師・鍼灸院とは?~
カテゴリ: 経営

トワテック リサーチ

 もっとキレイになりたい!もっと若くなりたい!という目的で鍼灸院に通う女性が、いま増えています。そこで、女性客から求められる鍼灸院にするは何が必要か? また女性から憧れられる鍼灸師になるにはどうしたらいいか? そんな“女性のための鍼灸院”について、「さくら治療院」の院長・神崎貴子先生と「レディース鍼灸サロン momo」を営む花野桃子先生に対談していただきました。普段なかなか聞くことのできない“ぶっちゃけ話”も飛び出した、かなり濃い対談をぜひお楽しみにください! 

 

 「さくら治療院」は、内装やインテリアが素敵ですよね!

 

 

 女性はキレイなもの、かわいいもの好き。そのニーズに鍼灸院は応えられていません。

 

女性専用の鍼灸院を営んでいらっしゃるお2人ですが、鍼灸院に来られる女性はどんな方が多いですか?

 

神崎 「さくら治療院」は、“働く女性のための保健室”がテーマですが、35歳前後でバリバリ働いている女性が多いですね。肩こり、眼精疲労の治療はマスト。それに加えて、生理がこない、頭痛が1週間たってもとれないとか、20代のときでは考えられないような悩みもプラスアルファで訴えてくる方が多いです。私自身が30代のときに仕事、子育てと、とにかく疲れていたので、、こんな鍼灸院があったらいいな、と思い開業しました。

 

花野 神崎先生の治療院とは対照的に、「レディース鍼灸サロン momo」は、40~50代の方が一番多いんです。子育てをひと段落された方が、ようやく時間ができたので今度は自分に目を向けてみよう!と訪れてくださいます。いま67歳の方が通ってくださってるんですが、3ヶ月目でウエストが15cmも減ったんです。周りから「キレイになった」と言われるそうで、ご本人もどんどん若返って、おしゃれになられています。

 

神崎 それはすごい! 嬉しいことですね。

 

女性に支持されるために、鍼灸院のイメージ作りや内装などでこだわった点はありますか?

 

神崎 女性はキレイなもの、かわいいものが好き。でも、鍼灸院のイメージっていまだに古臭いと思うんです。

 

花野 わかります(笑)。

 

神崎 なので、自分だったらどういう鍼灸院が入りやすいか?と考えて作りました。

 

花野 「さくら治療院」は、内装やインテリアが素敵ですよね!

 

神崎 よくそう言っていただくのですが、実はインテリアはすべてIKEAなんです。

 IKEAのインテリアでコーディネートされた神﨑先生のサロン。総額も70万円程度とお得!

 

花野 えーっ!

 

 

神崎 日本で初めて、すべての家具をIKEAで揃えた鍼灸院がここなんです。IKEAの本にも載りましたよ。買った家具の値段もすべて載ってるんですけど(笑)、全部で70万円以下だったかな。私と千明さん(実姉で、ともに「さくら治療院」を営む美容家の吉川千明さん)で何度もIKEAに行って選びました。IKEAのラグやカバー類は安いので、汚れたら捨てて、すぐ新しいものに変えられらるのがいいんです。鍼灸院に、汚いものやくたびれたものは置いてはダメですからね。

 

 

花野 確かに、そうですね。

 

神崎 工夫すれば、いくらでも安く開業できるんです。私は鍼灸師さんがもっと開業して、こういう似たような鍼灸院を全国に作ってくれたらいいな、と思っています。だから、どんどんうちのやり方を真似してほしいんです。

 

花野 それはすばらしいですね。私は開業するとき、“鍼灸院ぽくない鍼灸院にしたい”という思いがありました。なので、漢字だらけの“ザ・鍼灸院”という名前ではなく、女性専用とわかるように「レディース」と頭につけ、「鍼灸院」ではなく「サロン」にしておしゃれさを出し、最後に自己主張で「momo」とつけました(笑)。あとは実家の1階を治療院にしているので、生活臭が出ないように気をつけています。

 

 

鍼灸師もさまざまな世界を知っていれば会話が広がる!

 
カウンセリングはお客さんを入口側に座らせます。そちらのほうが女性は安心だと思うんです。

花野先生はお一人でやられてますが、接客において何か心がけていることはありますか?

 

花野 カウンセリング室と施術室が別々なんですけど、カウンセリング室のお客さんの座る位置は、入り口の近くにしています。いつでも逃げられるように(笑)。私自身、中学生のとき初めて鍼灸院に行ったったのですが、鍼がすごく怖かったんです。でもそこの治療院はベッドが入り口に近かったので、「これならいつでも逃げられるぞ」と思っていた覚えがあります。だから、いまお客様にも不安や緊張感を与えないように心がけていますね。神崎先生のスタッフの方へのご指導はどうやっていますか?

 

神崎 うちは……厳しいかな(笑)。鍼灸師の世界って、究極のサービス業だと思うんです。相手を受け入れ、施術し、会話の中で相手の感じていることを読み取らなければならないですし。なので、気がついたことはその場で指導し、私が手本を見せるというのを徹底しています。あと安全面では「なぜそれが起きたのか?」というのを理論立てて説明して、事故の再発を防いでいますね。それからよく「笑えないんです」って言う鍼灸師さんがいるのですが、「仮面つけでても笑え」って言います。笑顔のことです。これは訓練でどうにでもなるんです。鍼やお灸自体が怖いんだから、鍼灸師が笑わなかったらお客様は余計怖がってしまいます。

 

花野 スタッフは、どんな方を採用していらっしゃるのですか?

 

神崎 私は鍼灸と関係のない異業種にいた経験のある人のほうが、伸びると思っているので、前職が国際線のC.Aとか、ディズニーランドでスマイル賞を受賞した人とか……。

 

花野 えー、おもしろい! でもそれはなぜなんでしょう?

 

神崎 鍼灸院にはいろいろな世界のお客様が来るわけだから、鍼灸師もさまざまな世界を知っていれば会話が広がると思うんです。技術は後からでもどうにでもなるけど、その人の深みや世界観は、本人にしかどうにもできないですから。一言で言えば想像力の豊かな人です。

第2回につづく

取材・文/川端美穂

 

 

プロフィール

写真 神崎貴子
さくら治療院院長、プレミナマッサージルーム 院長、プレミナセラピストスクール院長。スポーツアロマの第一人者として数多くのスポーツイベントを支える。美容鍼のメソッドにも定評があり女性ファッション誌をはじめとしたメディアにも多数出演。主な著書に『スポーツアロママッサージ─よくわかる!実践バイブル』(フレグランスジャーナル)等。
写真 花野桃子
レディース鍼灸サロンmomo 院長。奈良県香芝市関屋(せきや)にある女性専用レディース鍼灸サロンmomoにて、女性の美容と健康を応援。マニュアルにとらわれず、お客様の体質にあわせた治療を行います。全国でセルフケア講座や、プロのセラピスト向けの講座も行い活動中。11月11日にレディース鍼灸サロンmomo店内でセラピストのためのセルフケア講座を開催。お申込みはここをクリック!
施設写真
レディース鍼灸サロンmomo
奈良県香芝市関屋北3-5-14
TEL 080-3866-1018
診療時間:8:00~20:00(最終受付20:00)/不定休
アクセス:近鉄大阪線関屋駅から 徒歩7分
施設写真
さくら治療院
東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 グレイス代官山901
TEL 03-6416-1016
アクセス:山手線恵比寿駅より徒歩3分、日比谷線恵比寿駅出口4番より徒歩2分
このエントリーをはてなブックマークに追加