ホーム > アクセスランキング

アクセスランキング

1st 1
超高齢化社会となった日本。今後は、高齢者を対象とした鍼灸治療の需要がますます高まるはずだ。そこで、老人ホームやデイサービスなどの高齢者施設と治療家のマッチングや、訪問治療への働きかけを行っている「Master Piece Japan」の代表・大口貴弘さんに、これからの治療家に必要な訪問治療のノウハウなどの話を聞いた。
2nd 2
 専門学校を卒業して10年。街の接骨院で修行を積みながら開業資金も貯めた。そろそろ俺も独立しようかな──。そんなことを考えながらぼんやりネットを眺めていたらリラクゼーション系のフランチャイズ(以下FC)加盟者募集のサイトを発見。見込み月商は350万円。全国的な知名度もありそうだ。これならゼロから開業するよりも成功率が高いのでは? そんなユーザーからの相談が編集部に寄せられた。なるほど、なるほど。全国区のFC本部に加盟すれば開業時の苦労も軽減、収入も安定しそうだ。そこでFC業界紙『フランジャ』等で執筆活動も展開している経営コンサルタントの西野公晴氏にリラクゼーション系FCの歴史と現実を聞いてみた。
3rd 3
肩関節障害の代表的な疾患としてインピンジメントがあります。インピンジメントは、疼痛抑制だけでは改善しないことが多く、肩甲胸郭関節・体幹・股関節の機能障害を見つけアプローチしていかないと改善しないケースが多いと思います。今回は、肩甲胸郭関節の機能障害にスポットをあててご紹介させて頂きます。
4
16色のカラーバリエーションを誇るカラーキネシオロジーテープ『KINESYS(キネシス)』。
本連載ではKINESYSを効果的に使用している治療院に、その目的やコツ、反響を伺っていく。
「カラーのキネシオってどういう患者様に効果的なの?」「何色がどの顧客層にウケるの?」そういった疑問をお持ちのカラーキネシオロジーテープ未体験の方に、もしご自身の治療院にKINESYSを導入するとしたら……どうなる? と想像しながら楽しんでもらえれば幸いだ。
ここでは使用しているカラーの数とその使用方法によって、治療院を4タイプに分類している。
顧客層や来院客数も合わせて紹介するので、ご自身の治療院がどのタイプと相性が良いのか。参考にしてみてはどうだろう?
5
有効な治療の影に、有効な鑑別疾患あり! 人気セミナー・メディカルアートセミナーを主催する野田重信先生が本当に治せる治療家に必要な的確な鑑別疾患の極意を伝授! 今回は前回の下位交差性症候群に関連して変形性膝関節症とラテラルスラストの関係をご紹介です!
6
治療院を経営するうえで、患者さんとのトラブルは必ず起こるもの。そんな時あなたは適切な対応ができますか? 毎年200件を超えるクレーム対応相談に対し、経験に基づいた立場からアドバイスを行っている一般社団法人 日本治療協会(JHA)が、治療家なら知っておきたいクレーム・トラブル対応を厳選してお教えします!
7
連載コラム「メディカルアートセミナー.com」でお馴染みの下高井戸ヒーリングプラザ・野田重信先生が、物理療法の原理や特性、使い方を丁寧に解説! エネルギーの特性とリスクを理解し、的確に刺激を加えれば誰もが再現性のある効果を出すことができるという物理療法。第12回は低周波パルス治療器の臨床での使用について解説して頂きます!
8
柔整師、鍼灸師をはじめとした施術家たちに馴染みの深い温熱療法。しかし、その効果や優位性については、まだまだ知られていないメリットがたくさんある。そこで今回、温熱療法の研究者である群馬パース大学保健科学部理学療法学科の松澤正教授に、温熱療法の知られざる効果ついて伺った。
9
治療院を経営するうえで、患者さんとのトラブルは必ず起こるもの。そんな時あなたは適切な対応ができますか? 毎年200件を超えるクレーム対応相談に対し、経験に基づいた立場からアドバイスを行っている一般社団法人 日本治療協会(JHA)が、治療家なら知っておきたいクレーム・トラブル対応を厳選してお教えします!
10
「ディープティシューマッサージ」は、スポーツの現場で効果を発揮するのはもちろん、一般の治療院でも応用可能です。

この動画ではスポーツ障害「シンスプリント」に対し効果が期待されるディープティシューマッサージを紹介します。