三角筋

完成図

貼られる方の姿勢使用テープ本数
座った状態2 本
手を上げたり振ったりする動作をサポートするため、野球、バスケットボール、バレーボールなどの競技で効果的です。 サポートする筋肉: 棘上筋、三角筋

1本目

STEP.1
三角筋の端から端までの長さを測る。(2本目も同じ長さ)
STEP.2
はがれにくくするため、 4つ角を合わせて丸くカット。
STEP.3
手を挙げた状態で三角筋の位置を確認する。
STEP.4
貼り始めは三角筋、 三角筋のアウトラインに沿って、 三角筋の端まで引っ張りながら貼る。
STEP.5
貼り終わりは引っ張らず貼る。
STEP.6
テンションのおさらい。 0%→真ん中あたりで25%→0%

2本目

STEP.1
1本目と長さのテープ を測っておきます。
STEP.2
三角筋の前側(鎖骨の下辺り)が貼り始め。
STEP.3
三角筋を包むように貼ります。
STEP.4
テンションのおさらい。 0%→真ん中あたりで25%→0%
写真
小松原学
1981年群馬県出身。98年にベルマーレ平塚に入団。4月11日のセレッソ大阪戦でプロデビュー、J最年少出場記録(当時)を樹立する。その後ヴァンフォーレ甲府、FC湘南大磯、群馬FCホリコシを渡り歩き2005年に引退。引退後には10年にJeoサッカークリニックを立ち上げ、代表兼監督、柔道整復師として小学生、中学生を対象とした青少年育成をメインに考えたサッカー指導を行っている。
施設写真
Pass鍼灸整骨院
群馬県邑楽郡邑楽町篠塚2548-2
TEL 0276-55-5515
営業時間:9:00~12:00、15:30~18:30(火曜日は16:30まで、土曜午後は日曜・祝日は休診)
アクセス:東武小泉線「篠塚駅」タクシー10分 / JR高崎線「熊谷駅」タクシー30分、東北自動車道「館林インターチェンジ」15分 ※10台分の駐車場有

TOWATECH®TAPING SERIES LINE UP

トワテック テーピングシリーズ ラインナップ